« えびす講 | トップページ | ☆樹氷☆・・・荒船山 »

2005年11月24日 (木)

里山歩き・・・塩田平の山

随分日が経ってしまったけれど11月13日(日)晴れ、里山めぐり。

青木村にある子檀嶺岳(こまゆみだけ)1223メートル、夫神岳(おがみだけ)1250メートル、十観山(じゅかんさん)1284.5メートル。そのうちの二つに登る。まづは子檀嶺岳。特異な山容でとPICT0001ても目立つ。当郷管社コース。

村はずれの登山道入り口から歩き始める。 途中左に外れて、強清水がある。落葉の山道を歩く。カサPICT0003コソといい音。

もみじがきれい。急でもなく上りやすい道が続く。PICT0004今年はキノコも不作。姿が見えない。

山頂の祠。すでに人がいてお弁当を広げていた。聞けば、東京から来たとか。前日、この近くの田沢温泉に泊まったと言っていた。長野の山は良く登るそうだ。やっぱり中高年のグループ。いま、この世代が元気がいい。どこの山も若い人は少ない。 1時間30分ほどで山頂PICT0006

晴れているけど、かすんでみえる塩田の村々。PICT0005 そして正面の山がこれから登る夫神岳。

下りは1時間と少し。国宝三重の塔のある大法寺の駐車場から子檀嶺岳の全容を見る。

PICT0007

車で移動する。夫神岳は 林道を歩いた後、山頂まで600メートルの標識から急登になる。途中月波の泉があったが、水は涸れていた。馬が水を飲んで休んでいたという所。1時間05分で山頂。

PICT0009

やはり石祠がある。里山は庶PICT0010民の信仰の対象であることが多い。

村がかすんでみえる。 空気が澄んでいれば周りの山もよく見えるはず。

PICT0008

下りは40分ほど。里山でも山頂はやっぱり寒かった。この時期の山登りは汗もかかずに快適。木々が葉を落として見通しもいい。

山は高い、低いに関係なくそれぞれに楽しい。企画してくださった、Fさんありがとう、そしてご苦労様でした。いつもながら計画の緻密さには感服です。

声かけてくれるの待ってますよー。

« えびす講 | トップページ | ☆樹氷☆・・・荒船山 »

山登り」カテゴリの記事

コメント

ともこまま、実を言うと、山登りに夢中になったのは今年からなんですよ。だから、楽しくて、頭の中はそのことでいっぱい。ひとつの山行きが終わると、次の山行きのことを考えてる。ワン連れの山登りは散歩の代わりになるし、何より、犬が犬らしく伸び伸びとしてる姿を見ることがとても楽しい。犬が幸せなら飼い主も幸せ。

アンディかあさんは
趣味を心底楽しんでいて羨ましい。
お友達と一緒に山登り。
わたしも,いつかそういう風に自分の好きなことを
楽しみながらやっていきたいです。

落ち葉の上を歩く時の音,わたしも大好きです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120314/7292043

この記事へのトラックバック一覧です: 里山歩き・・・塩田平の山:

« えびす講 | トップページ | ☆樹氷☆・・・荒船山 »