« お手入れ♪ | トップページ | よだれマン! »

2006年2月14日 (火)

久しぶりの里山~尼厳山♪

朝起きたら雪が少し積もっていました。雪が積もると嬉しいのはボクだけじゃないみたいだ。おかあさんもうれしいみたいで朝からソワソワしていた。。。と思ったら山登りにでかけた。PICT0001

2月12日9時集合。目指すは標高781メートル尼厳山(アマカザリヤマ)。真田家十万石の城下町の里山。昨夜降った雪はどうだろうか?集合場所、松代荘から民家を抜けて登り始める。PICT0001

テレビの共同アンテナが立っているところを過ぎると善光寺平の展望がよい開けた場所がある。更に登ると、城の石垣の後が見えてくる。PICT0003

茶色の石仏を右に行くと巨大な岩場。ここは近くの警察学校で機動隊の岩登りの訓練場だとか。。。天にそそり立つような垂直な岩場だ。PICT0004

PICT0006

近くの岩肌にイワタケがはえていた。珍味だそうだ。知らないと、落ち葉が腐ったのかと思ってしまう。(はじめて知ったのですが。。。)PICT0007

石仏まで戻り左に登る。洞窟のような大きな岩。PICT0009

岩場の上の絶景ポイントからの眺め。眼下には春になると杏の花に埋まる集落。杏は更埴が全国区だけれど、ここは俗化されていないので、訪れる人もほとんどいないから、ゆっくりのんびりお花見ができる。お店も自動販売機もない。今の無彩色の景色からは想像できない桃源郷になる。古墳のような山は皆神山。松代地震の震源地だった所。

PICT0010

落ち葉の上に降り積もった雪は思いのほかすべる。PICT0011

空掘を2ヶ所過ぎれば山頂。10時45分。山頂からの眺めは木が邪魔ー!山頂で記念撮影。PICT0013休憩、おやつをつまんで11時10分出発。

下りは茶色の石仏を過ぎて分岐までは同じコース。PICT0014 分岐場所にあった石仏。顔が判別できない。

岩場を下ると4体の石仏。PICT0015 南斜面は雪が融けていた。

なだらかな斜面をバラ線伝いに下る。お墓と石碑のあるちょっとした広場に出る。石碑は松尾芭蕉のものだそうだが、何が彫られているのか全く不明。PICT0018

更に下ると玉依比売命神社にでた。PICT0016

振り返れば今登った尼厳山。花も無い冬の里山だけれど、久しぶりに山歩きが出来たことがうれしい。里山に登ると人の祈りを感じる。新しい発見もあって、それが全部記憶できれば随分賢くなるのにと思う。
誘っていただいてありがとう!!同行のみなさん、お疲れさまでした。
出発点到着12時40分。PICT0017

« お手入れ♪ | トップページ | よだれマン! »

山登り」カテゴリの記事

コメント

機動隊がハーケンとかリングとか打ってるんですか?。うーん、、、。そりゃあ、、、皆で心当たりがないはず。でも、、もう少し使うなら薮切るなり、木切るなりすべきでしょうね。まあ、仕事だと必要以上のノルマはやんないだろうけど、、。はあああ、、。

尼厳は現在、復旧中です。70年代の状況に戻すまでにあともう少し。お盆にはもともとの尼厳になるでしょう。記念のハーケンやリングを打つ暇があるなら、木や石を片付けて欲しいです。

フェアリーママ、イワタケは私も食べたことないので、是非一度食べてみたいと思ってます。洗うと青いきれいな色になるそうです。

みるくまま、里山は雪は少ないです。下りは登山靴に軽アイゼンの人もいましたけど、私はつけませんでした。でも、尻餅はつきましたよ、恥ずかしい!!

すごい良い景色~!私もアンディかあさんと、同じ景色見せてもらって、嬉しいです(^-^)ありがとうございました。珍味のイワタケ食べてみたいな~・・・食いしん坊なフェアリーママでした(^_^;)

雪山っていうからもっともっとたくさんの雪があるのかと思ってました!
融けちゃったのかな?
靴はどんなのを履くのですか?下りはスリリングそうですね!(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120314/8649895

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの里山~尼厳山♪:

« お手入れ♪ | トップページ | よだれマン! »