« 花・はな・ハナ~♪四阿・根子編 | トップページ | 仙丈ケ岳 »

2006年7月23日 (日)

蓼科山

7月14日(金)
天気の都合で蓼科山(百名山)へ。が、おもーく垂れ込めた雲。吉と出るか凶と出るか。。。Pict0025_9

御泉水自然園の先の登山口から登る。ここはすでに7合目。大型バスがやってきた。学校の集団登山の一行らしい。集団に混じってしまうと抜け出すのが大変。急いでGO!8時スタート。Pict0020_11

しばらく歩くと岩場の馬返し、急登が始まる。樹林帯を抜け視界が開けた所から振り返ると女神湖が眼下に見えた。Pict0001_34

途中、登山道から少し外れた展望のいい場所からの眺め。Pict0006_22

将軍平9時25分。休憩をとって山頂を目指す。階段状の岩場が続く。10時10分山頂到着。山頂は広い岩場。雲が湧いては消えてゆく。

Pict0012_17

Pict0018_15

360度のパノラマも雲に覆われて部分的にしか見えなかったのは残念だった。Pict0013_18

Pict0017_14

集団登山の生徒たちに追われるように山頂を後に下山開始、10時50分。将軍平で軽い昼食を摂って登山口には12時40分頃戻る。駐車場の道路脇にヤマオダマキが咲いていた。Pict0021_10

茅野から高遠に抜ける杖突峠の展望台からの眺め。長雨の被害が甚大な諏訪の市街地が見えた。これ以上被害が拡大しませんように、そして一日も早く日常の生活に戻れるように祈りたい。

Pict0023_10

八ヶ岳の山頂は雲の中。6月の山行で仲間が登っている。Pict0027_8

今登って来た蓼科山も小さく見えた。Pict0022_10

明日は仙丈ケ岳に挑戦する。今日は高遠泊まり。どんな山だろうか?急遽決まったので、頭の中に資料が全然ない。明日、天気になあーれ!!

« 花・はな・ハナ~♪四阿・根子編 | トップページ | 仙丈ケ岳 »

山登り」カテゴリの記事

コメント

テレマルカーさん、時間的には短いですけど、結構岩場が階段のようで短い足にはきつかったですよ。花もたくさんあって景色もよくて良かったです。

フェアリーママ、お天気になっていい景気が見れました。山頂からの絶景を見ると、つらい登りも吹き飛びます。山に登ることはそれの繰り返しです。

蓼科山の7合目からのコースは、2時間ほどで登れるんですね。私がこの前行ったコースは長くて長くて嫌になってしまいました。
今度登ることがあれば、7合目からのコースにしてみようと思います。

すっご~い
綺麗な景色\(◎o◎)/!
朝は曇ってましたが、
途中、晴れ間も見えていたようですね。
またまた、私も一緒に登った気分になりました♪明日も、山を満喫してきてくださいね(b^ー゚)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120314/11064580

この記事へのトラックバック一覧です: 蓼科山:

« 花・はな・ハナ~♪四阿・根子編 | トップページ | 仙丈ケ岳 »