« 夕涼み~♪ | トップページ | 猛暑仕様? »

2006年8月10日 (木)

Mt.T&Mt..K縦走~♪

8月5日(土)快晴。
あまりマイナーな山ではないけれど、静かで高山植物のお花畑と展望が素晴らしい(絶品)頚城山系の二つの山へ。今年の集中豪雨の災害のため、小谷村からのアクセスができず、妙高の笹ヶ峰側から登山口を目指す。Pict0001_39

標識も笹ヶ峰側からは陰になって分かりにくく迷った。

集合、早朝4時30分。登山口出発7時20分。登山道は狭い。訪れる人の数が少ないということの証明だ。 こんなブナの大木が普通に生えているって素晴らしいこと!!林の中を登るので思ったほど暑くない。水飲みPict0003_31には8時10分。

時々視界の開けた場所に出る。振り返ると青い空にアルプスが遠望できる。槍ヶ岳が小さいけれどもその尖った姿が確認できる。 Pict0010_18

抜けるような空と深い緑。Pict0005_33

登山道は途中から沢を登る。足元がぬかるんでくる。そして登山道をふさぐ残雪。冷気が気持ちいい。最後の尾根に出る手前に覆い被さるような雪渓。何というコントラストの美しいこと!!Pict0023_13

T山(2197m)の山頂らしき場所には雪に埋もれてお地蔵さんがあった。11時。K山にはいったん急斜面を下って登り返す。ここで残留組と登頂組みとに分かれる。K山(2245m)の山頂手前にも大きな雪渓。さすが日本有数の豪雪地帯。去年の雪は想像以上に多かっPict0024_12たようだ。

K山、11時55分。急いで昼食を摂る。絶景を楽しみながらの昼食は何を食べても美味しい!Pict0027_11

乙見湖と黒姫山。Pict0026_7

焼山、火打山。Pict0028_6

K山出発12時23分。こんな雪渓も渡ってきた。Pict0032_5

T山に戻って残留組と合流、記念撮影。Pict0037_4

Pict0036_2

T山13時7分出発。解け始めた雪渓を下る。沢の登山道は雪解けの水が流れ滑って歩きにくい。足元を気にしながら歩くのは、思いのほか時間がかかる。それでも何とか尻餅をつかずに下山できた。15時48分登山口。みんな健脚以上の剛脚。今回もMさんがスイカを持ってきてくれてみんなでご馳走になった。汗をたっぷりかいたあとの水分補給はどんなご馳走よりうれしい。

あふれるほどの高山植物。春と夏の花が同居していた。雪解けが遅かった影響だろうか?地元の登山者に聞いたところでは雪渓が解けると一面のお花畑だそうだ。今日こんなに感動したのだから、たぶん、天国のような光景が広がるのだろう。それを思うとそんな時期であったらと、ちょっと残念。花は後日まとめようと思う。中でも印象深かった花はハクサンコザクラ。Pict0030_5

大輪のキヌガサソウ。Pict0013_20

ロングコースだったけれど、素晴らしい山でした。計画していただいて感謝、感謝です。心地よい疲れはストレスを忘れる。みーんな、お疲れ様でした~。

« 夕涼み~♪ | トップページ | 猛暑仕様? »

山登り」カテゴリの記事

コメント

kikkoさん、古い記録でお役に立ったどうか?でもこの2座はマイナー山なのでそんなには変わっていないかもしれません。もう一度のぼりたい山だけど、とにかく長くてきついです。

K山 は花の山として花好きには羨望の山ですね。
長らく登山禁止だった隣の山もすばらしいし、
魅力的な山域ですね。
素敵な記録ありがとうございました。

フェアリーママ、改めて自然の美しさを感じました。このまま、ずーとマイナーな山であって欲しいと思いました。自分だけ行って勝手な望みですが。。。

たくさん歩いたあとの
スイカ・・・とっても美味しかったでしょうね♪
それにしても
空の綺麗な青と雪渓の白とのコントラスト!
とっても綺麗ですね。私もいってみたいなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120314/11368894

この記事へのトラックバック一覧です: Mt.T&Mt..K縦走~♪:

» 北海道グルメ・でんすけスイカ【グルメ取寄】 [グルメ☆取寄ブログ]
もうすぐお盆ですネ(*’▽’) 夏場のこの季節、忘れてはならない、肝心な野菜の紹介を忘れていましたっ!!!(`=´)/~~~~~~~~~~( ̄◇ ̄ [続きを読む]

« 夕涼み~♪ | トップページ | 猛暑仕様? »