« ちょっとそこまで~♪ | トップページ | ボクの顔が・・・ »

2007年3月26日 (月)

またまた葛尾~五里ケ峰♪

久しぶりの更新です。

3月18日(日)雪のち晴
葛尾から五里ケ峰に登って来ました。Pict0010_46

山頂に雪はありませんがこの日の朝は。。。

朝起きて外を見れば雪景色Pict0001_87

でも、中止の連絡はない。と言うことは予定通りに登ると言うこと。
(中止にしない・・・絶句した人もいたとかいないとか)

参加を見合わせた人もいたけど予定通り坂城神社の裏からスタート。しばらく歩くと尾根に出る。Pict0002_86 樹氷とちらちら降る雪がきれい!!

松林の中をジグザグに登ると1時間ほどで葛尾城跡。山頂にあづまやがある。Pict0003_74

晴れていればアルプスが見えるけれど、この日はもちろん見えない。でも、雪景色もきれいです。Pict0004_75 ドウダンツツジ。

休憩して五里ケ峰を目指します。登山道には積もった雪がいくぶんあります。結構急登です。みんなの登る後姿がなぜか好き。ここでも勝手に撮らせてもらいました。Pict0006_62

水墨画のような景色。Pict0007_66

山頂まで1時間と少し(30分まではかかっていないと思う)。 この頃には陽もさしはじめて来た。遠くの山並みは見えないけれど、千曲川に沿って町並みが開けているのがよく分かる 。Pict0009_56

早めのお昼を食べて下山。陽が差すと雪はすぐに解けてしまう。同じ道を葛尾城跡まで戻る。途中、鹿が角で剥いだと思われる幹を発見。去年の秋から山は食べるものが少なくて野生動物には受難のシーズンだっただろう。。。そう思うと心が痛い。住処を奪っているのは間違いなく私たち人間なのだから。。。

Pict0011_45

葛尾城跡で再び小休止。天気も回復。雪はもうない。下りは急なつづらおりの近道を下りる。梅の花が咲いていた。山も春が近い。Pict0013_42

スタート地点に戻って、セツブンソウを見にいくことで全員一致。可憐な花を見てきた。先日も載せたけどもう一度。Pict0015_35

保護されているにもかかわらず盗掘する人がいると新聞にも記事になっていた。本当に腹立たしい。情けない。そういうことをする人はその人の指を引っこ抜いてしまいたい。保護する人に盗掘する人、人間の本性はどっちなんだろうかと考えさせられる。

雪が降っても楽しい。天気ならなお楽しい。つまり何がどうなろうと山に登っていれば楽しい面々。お疲れ様でしたなんて言葉も必要ないかも。

« ちょっとそこまで~♪ | トップページ | ボクの顔が・・・ »

山登り」カテゴリの記事

コメント

テレマルカーさん、半ば馬鹿にされました。あんな天気に山に言ったと。。。でも、天気予報では午後から晴れマークでしたから。真冬ならたぶん中止にしてたと思いますが???

みるくまま、さすが春の雪です、陽が差すとすぐに解けました。セツブンソウは九州にはない花だと思いますよ。県内でもここが北限でアンディの住んでる市内にはありません。できれば綱張りなどしてない状態で見たいですね。

フェアリーママ、今シーズンこんな景色は数えるぐらいしかありませんでした。冬はやっぱり寒くて雪が降らなくちゃいけませんよね。でも、やっぱり春は待ちどうしいです。

あの雪の中を登ったんですね。
中止にしないところがすばらしいです。(笑)
その日は会社から五里が峰が見えるので、登っているのかなぁと思いながら眺めていました。

大雪?でも関係なく、山登りはするんですね~!(笑)
アンディくん地方でもこの雪は、陽がさしたら解けちゃったのね!
冬の阿蘇でしか見たことない樹氷、きれいですねo(*^-^*)o
それに、セツブンソウ、初めて見た?けど、かわいいね!
盗掘する人と、糞放置の人は同じじゃないかと!(怒)

とっても寒そうですね~。
本当、こちらと季節が
逆ですね。
でも、水墨画みたいな景色。。。
すごくキレイです。
お花も可愛いですね。
盗っていってしまう人も
いるんですか?
ひどいですね。
全ての登山家の皆さんが
アンディかあさんのようだったら
守れるのに。。。

これから
良い季節になるので
どんどんステキなお写真みせてくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/120314/14408190

この記事へのトラックバック一覧です: またまた葛尾~五里ケ峰♪:

« ちょっとそこまで~♪ | トップページ | ボクの顔が・・・ »