« 妙義山~♪ | トップページ | 春よ来い! »

2007年3月30日 (金)

残雪の飯綱山~♪

3月28日(水)晴れ
市内の飯綱山に登った。元旦以来2度目。今年は雪が少ないけど、どんなだろうか?Pict0002_88

スタートはいつもの一の鳥居。駒つなぎまではところどころに雪が残っている程度で問題なく登れた。Pict0001_90 問題はこの先。

やっぱり登山道には雪が残っていた。高度が上がるにつれ当然雪の量も増える。時々「ブスッ」と沈みながら山側を歩く。Pict0003_77

西登山道との合流地点に出ると、ぐっと視界は開け雪もさらに多く雪原となる。Pict0004_77

登ってきた方角を振り返る。Pict0005_73

気温が高くて遠望は望めない。山頂はもうすぐ。Pict0006_64

南峰から北峰との間は吹き付ける風でちょっとした雪庇ができていた。道はその雪庇の根元を通る。トイレブースの西側を回るように歩く。新雪が3・4センチ積もっていた。北峰に到着。標識がこれだけ見えるからやっぱり今年は雪が少ない。Pict0013_44

山頂からは高妻山の鋭鋒が目の前。Pict0008_47

そして黒姫山も。Pict0010_48

西岳も。Pict0012_45

山頂でのお昼も寒くない。
下山は尾根伝いに鞍部まで下り、左の沢沿いに登山道ではなく雪の中を歩く。Pict0009_60

気温が高くなって雪が緩んできているのでみごとなぐらい「ブス、ブス」と沈む。そのたびに足をとられて随分エネルギーを消耗した。道のない林の中を歩くのはこの時期にしかできない。雪が解ければ藪でとても歩けない。人が入らないので、野生のブドウの木が蔓を伸ばして巻きついた木を枯らしてしまっていた。そんな巨木をいくつも見た。1時間半ほどで登山口のすぐ上の林道に出た。下山はノンストップだった。山の木々も確実に蕾を膨らませていて、この時期は春と冬が楽しめるのがいい。

« 妙義山~♪ | トップページ | 春よ来い! »

山登り」カテゴリの記事

コメント

ユージンさん、下山は笠山の最低鞍部を目指して西登山ルート。最低鞍部から左手にほぼ直角に曲がり、沢沿いに下りました。踏み跡もない雪原を歩くのは面白いですね。

ふみやねえさん、私も3年ほど前まではお尻が重すぎて。。。ふとしたきっかけですっかり山にはまっちゃいました。

精力的に山のおでかけですね。
元旦以来2回目だったんですね。
私たちも10日前が元旦以来の飯綱山でしたが、
展望ほとんど無しでした。
たった10日ですが、結構雪溶けたみたいですね。
ところで、下山はどの辺りを下りたんでしょうか?
気になります。

アンディやお母さんと知り合ったことで、
自分では見ることのできない景色を見ることができ、
本当にうれしく思います。

いつか…と思う気持ちがないわけではありませんが、
重いおしりは上がりそうにありません^_^;

当分、お母さんの写真で楽しませてもらいますね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 妙義山~♪ | トップページ | 春よ来い! »