« ボクの顔が・・・ | トップページ | 残雪の飯綱山~♪ »

2007年3月29日 (木)

妙義山~♪

3月21日(水)晴
妙義山に行ってきました。
今回は鎖場があるため人数制限がある中ぎりぎり滑り込ませてもらっての参加です。
Pict0002_87

スタートの中之岳神社前の駐車場からマッコウクジラのような荒船山が見えた。Pict0001_89

朱塗りの鳥居、中之岳神社が登山口Pict0025_22 。駐車場9時10分スタート。

いきなり急な石段が続く。あえぎながら登りきると左手奥に奇岩の轟岩。まづは見晴台を目指す。岩場の急な登山道を登って視界が開けると見晴台。いつも見ている山とはまったく違う景観。中国の桂林のような不思議な形の岩がいくつも続く。絶壁の見晴台から下を覗けば背筋が寒くなる。Pict0004_76

ここから金洞山の上級者コースへ。登山道は分かりにくい。途中まで行くが道がわからないのと危険ということで引き返す。行くも、引き返すも地獄のようなすごい所。Pict0006_63

途中、こんな山並みが遠くに見えたが、方角がまったくわからない。南アルプスか?Pict0005_72

少し戻って尾根伝いいくとあった!目的の鎖場!見上げれば垂直。2段の鎖。ここを登りたいという勇気のあるつよ~い女性陣。Pict0010_47

Pict0013_43

Pict0014_40

鎖場を堪能した後、このやせ尾根で昼食。浅間山も見えました。見る角度が違うと別の山のよう。Pict0009_59

昼食後は下って第4石門をくぐって大砲岩へ。ここにもちょっとした鎖場。Pict0016_32

本当に大砲のような形の岩。Pict0021_17

戻って第2石門、Pict0022_21 カニの横ばい。ここも縦と横の鎖場。

そして第1石門。Pict0024_27

今更ながら自然の作り出した造形美には感動。さらに下ると車道に出る。車道を10分ほど歩いて駐車場に戻る。14時少し前。

スリル満点。気の抜けるところがなく緊張の連続。個人的には鎖はいいけど、狭くて高いところは苦手。でも、楽しかった。鎖大好きな人には少し物足りなかったかも。貴重な体験ができました。みんなありがとう!!それにしてもスゴイ人達です。

« ボクの顔が・・・ | トップページ | 残雪の飯綱山~♪ »

山登り」カテゴリの記事

コメント

ユージンさん標高以上にスリリングな山でした。

ふみやねえさん、怖いのにどうして登りたがるんでしょうね?背筋ゾクゾクでした。

わあ、未知のエリアの山ですね、ここは。
信州の妙義山なら登ったころありますが(笑)。
でもやっぱり厳しいルートのようですね。
いつか行ってみたいところです。

高所恐怖症な私…
このコースには、絶対に参加できませんね^_^;

アンディーママ、山に登らない人にもこの景色はすごいでしょ!中国の桂林はこんな感じかなと思いながら登りました。

フェアリーママいつも見慣れている山とはまったく違う山の景色でした。面白くて怖くて、怖いけど面白い。不思議な感覚の山でした。

y_o_m05さん上級者コースの鎖場はほぼ垂直でした。私は遠慮しましたけど。。。山は標高では決められないと思いました。

ムーママ、絶景には感動でしたが、背筋が寒くなることもたびたびでした。

凄いですね~アンディかあさん!写真を見ているだけでも、伝わってきます。
また、いろんな写真を見せて下さいね♪

本当に
すごい!!
勇気ある、かあさんに
拍手です~~!!
私ならきっと
怖くて登れないだろうなぁ。。。
でも
すごいお写真ばかりで
感動しました((((o≧∀≦)o)))

ご無沙汰してました。妙義山、凄いですね~。見かけよりもかなり登り応えがありそうな山ですね。鎖場はここでも経験してますがこれは垂直に上がっていくんですね、軍手は必需品ですね。それにしても奇岩が沢山ありますね。

いやいや~凄い登山でしたね!!!
私こんな所を目の前にしたら足がすくんでしまって震えてしまいそうですよぉ~!アンディかあさん、凄いですっ!尊敬しちゃいます!!!

アンディ君のお目目。。。お薬飲んで早くよくなるといいですね☆お大事にねっアンディ君♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ボクの顔が・・・ | トップページ | 残雪の飯綱山~♪ »