« サッカーボール | トップページ | 花探し~♪ »

2007年6月27日 (水)

燕岳~♪

6月24日(日)曇りのち雨
今年初のアルプスは燕岳。週間予報が二転三転して、出掛けにチェックすると、午後は雨マークに変わっていた。現地に向かう車の窓から見た東の空はそれを予告するような異様な赤さの朝焼け。う~ん、まずい!Pict0001_110 4時に集合して6時には登山開始。

アルプスの三大急登のひとつと言われている登山道は確かにきつい。最初からジグザグを繰り返しながら、まづは第一ベンチを目指す。Pict0002_110

休憩に適したベンチは四ヶ所。第二ベンチ・第三ベンチ・富士見ベンチとほぼ30分おき位にもうけられているので最初にきついかなと思った印象は薄らいだ。第二ベンチを過ぎるころ樹林の切れ間から大天井岳の稜線が灰色の空にくっきりと見え始めた。Pict0004_100

晴れることは望まない、このまま下山するまでこの天気がもってほしい。それぞれのベンチで休憩をしながら合戦小屋に到着。まだシーズン前なので登山者は休憩している時に数人通り過ぎただけ。Pict0007_89

合戦沢の頭はダテカンバやナナカマドの道をひと登り。そして展望がひらけ、槍ヶ岳の穂先が見えてきた。Pict0009_85

その穂先が進むにつれ見えてくる部分が多くなる。いつか行ける時が来るか、あこがれのまま終わってしまうのか。。。 するどいヤジリのような山容はやっぱり特別な思い入れがある。左手には穂高連峰が続いている。Pict0012_66

足元の登山道にはまだ雪が残っている。雪道は燕山荘直下まで続いていた。一部夏道からはずれていた。北の方角を見れば針の木岳・蓮華岳あたりか。Pict0013_66

山荘直下の急登を登りきる頃、薄い雲が槍ヶ岳を覆い隠すように広がってきた。それでもこの展望が見られただけでも感動。Pict0022_37

双六岳・三俣蓮華岳方面Pict0023_32

黒部五郎岳・鷲羽岳・水晶岳方面Pict0024_40

野口五郎岳Pict0025_30 あたりか。

山荘手前あたりからポツポツと当たり始めてきた雨が本格的になってきた。雨具をつけ、荷物は山荘に置いて山頂を目指す。Pict0027_25

花崗岩と白砂とハイマツ、その中にある様々な奇岩の間をぬうようにいったん下って登り返すと燕岳山頂。山頂は狭く石に刻まれた文字を撮影するのもやっと。Pict0031_13

山頂から燕山荘が見える。Pict0033_13

山荘から山頂までの間に山荘の西側に有名なイルカ岩Pict0042_7

山頂手前にメガネ岩。自然が作り出す造形は不思議と驚きのダブルパンチ。Pict0030_17

山頂で記念撮影をして山荘に戻る。雨を避けるのに山荘の玄関のたたきをお借りした。昼食を済ませて下山開始。天候が崩れた時は長居は無用。激しくなってきた雨の中合戦小屋までノンストップで歩く。その後登山口まで第三ベンチで一度休憩を取っただけで下ってきてしまった。朝の嫌な予感は的中してしまったが、雨具が必要だったのが下りで助かったし、ガスがかかることはなく登山道がしっかり見えていたのでスムースに下ってこられた。

2度目の燕岳。はるか昔のことなので山頂からの記憶しかなかったが、あの時の鮮烈な印象がまた蘇ってきた。花の時期にはまだ早く、コマクサはやっと葉が出たばかり。雨で思うような写真は撮れなかったけれど、山荘から山頂までの間に咲いていた数枚をアップ。花はやっぱり季節を忘れていない。
キバナシャクナゲ。Pict0039_6

イワウメPict0038_4

ハクサンイチゲPict0028_21

Pict0029_17

ミヤマキンバイPict0035_12

次回はお花畑が満開の頃挑戦しようかなぁ。。。

コースタイム
登山口6:00-第一ベンチ6:30(6:35)-第二ベンチ6:55(7:00)-第三ベンチ7:30(7:35)-富士見ベンチ8:10(8:15)-合戦小屋8:45(8:50)ー合戦沢の頭ー燕山荘9:50-燕岳山頂10:30-燕岳荘10:55(11:37)第三ベンチ13:00-登山口14:05

2週続けてのロングコース。それにもめげない気持ちも身体もタフな会員の面々。雨が降ってもやっぱり山歩きが楽しいのは、ほぼ山キチで間違いなし。みなさ~ん、お疲れ様でした。そしてリーダーありがとうございました。

« サッカーボール | トップページ | 花探し~♪ »

山登り」カテゴリの記事

コメント

シュガーさん、こんな風に稜線が見えると、どの山にも行きたくなります。明日は至仏山ですね。花がたくさん咲いているでしょうね。大丈夫、天気予報外れますよ。メール待ってます!

みるくまま、防水カメラじゃないのでハラハラドキドキしながら撮りました。朝焼けは天気が変わる前兆とききましたけど、そのとおりで、天気予報も外れればいいのに当たっちゃいました。でも、雨降りの割には視界はよかったと思います。

テレマルカーさん、雨が午後で助かりました。登りだったら、汗と雨でグショグショになっちゃいますから。テント購入されてたんですよね。コマクサ見ながらゆっくりテント泊できますねぇ。北燕岳への稜線がお花畑みたいですね。

フェアリーママ、たまにはこんな天気のときにも出くわしちゃいますね。でも、槍ヶ岳が見えましたから満足です。イルカ岩、ほんとにイルカそっくりでした。

こんばんは
24日に燕岳に行ってきたのですね、23日はすばらしい天気でしたが1日違いでチョットイマイチでしたね?
双六岳・三俣蓮華岳の方が見えたのですね、夏にはそちらに行く予定です。
明日は尾瀬至仏山に行く予定なのですが、天気がイマイチです。雨が凄いようならとりやめです。
なかなか忙しくて山に行く機会が無く困っています。
行ったらメールします。
てるてる坊主明日天気になーれ!

雨の日の登山も後からはいい思い出になります(*^ ^)v
朝焼けって・・・雨の降る前兆なのですか?

雨なのに手にデジカメ!(笑)たくさん撮影してきているママさんに拍手です~!o(*^-^*)o

お疲れ様でした。
この日は下界も午後から雨降りでした。この日に限って息子のサッカーの練習が午後で、練習は雨のため中止になってしまいました。午前中ならできたのに。
こんなことなら皆さんと一緒に行けばよかったと思いましたが、天気は読めませんものね。
この山は、息子の夏休み期間中にテントを持って行ってきます。

雨が降り出しましたが
とっても素敵な岩がある山だったんですね。メガネ岩って言うんですか?
日本人って名前の付け方がとっても上手ですね。本当にメガネみたい~~。
野口五郎岳って面白い♡
お花に、雨のしずくが
とってもキレイですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サッカーボール | トップページ | 花探し~♪ »