« 初雪の唐松岳~♪ | トップページ | 陽だまり~♪ »

2007年10月29日 (月)

岩殿山~♪

10月25日(木)晴れ
1週間おいて再び里山です。坂北村の岩殿山(いわどのさん、1008m)P1020928

2つほどコースのあるうちの岩殿寺(がんでんじ)コース。お寺は相当古く山門は藁葺屋根。本堂は建て直されたようで新しく立派。P1020941

お寺の前の川にかかっている橋を渡ると登山口に続く林道。ガイドブックによると、道が悪いのでお寺の駐車場に置いていった方がよいとあったが道幅もあり、かなり奥まで乗り入れしても大丈夫のようだ。P1020901

上の標識まで2キロ、30分ほどでその先は林道跡の細い道を歩く。P1020902

登山道はアルミの橋を渡る。ここまで車で入ってきても停めるところもある。ただ、小さい車のほうがいい。P1020940

橋を渡ってすぐアルミパイプの階段。P1020939

細い登山道で傾斜も緩くアップダウンもそれほどない。P1020903

標識を過ぎると再びアルミの橋。P1020904

それを過ぎると林は薄暗くなり、傾斜も少しきつくなる。大きな岩を右に見て登ると頭の上から落ちてきそうな巨岩は九頭龍社。雨乞いの岩らしい。戸隠から分けてもらった水樽が納めてあるらしい。水源のようで岩の下からチョロチョロと水がでていて小さな流れになP1020906っている

さらにひと登りすると雷神社。これも大きな岩。 社は壊れて残骸が残るだP1020908け。

そして右手の少し高くなった場所に岩殿山を開いたという学問行者の墓地に石塔が3つ。P1020909

本堂跡とされる所は別所方面への分岐でもある。岩が切通しになっている。墓地からはすぐ。P1020912

この切通しを過ぎ竹藪を過ぎると三社権現に着く。岩が風化して出来て屋根のようになりその下に社がある。社の前はちょっとした広場になっている。P1020913

岩肌は風化して蜂の巣のようになっている。P1020915

社の右手を登ると岩の割れ目があり、リュックをこすりながらその垂直の割れ目をよじ登る。 P1020917

距離はわずか10mほどだけれど、とにかく狭い。そして手も足もどこにおいたらいいのかわからないくらいの垂直な岩。そして苦労してはいずり出るようにして隙間を登りきると、わずかなスペースの岩の上に出る。しかも断崖絶壁の岩の上。心の準備ができていないうちにその断崖絶壁が目に飛び込んできて、岩場に出た瞬間はパニックになってしまった。しばらくは立ち上がるのも怖かった。でも、背筋の寒くなるような絶景、アルプス(写真ではよく見えません)も見える、先週登った京ヶ倉も谷を隔てて見える。右手切れ落ちた谷の反対側の山肌の紅葉がきれい。この岩場の上で昼食。

P1020918

P1020920

ゆっくり景色を見ながら、おしゃべりしながら1時間以上はいたように思う。登ったからには降りなくてはならない。慎重に同じところを下る。分岐まで戻って、別所方面に少し足を伸ばしてみる。天狗の岩と思われる場所は鎖があってこんな感じ。P1020932

反対側から見るとP1020931こんなです。

三角点のある山頂までは行かずに引き返して下山することに。分岐に再び戻る途中、三社権現方面が見えた。昼食を食べた岩場は松林から飛び出ている。P1020929

下山は同じ道を戻って岩殿寺の駐車場へ。里山も紅葉がきれいな時期になった。P1020933

P1020937

2週続きで面白い山!山はどんな山も登ってみれば楽しい。誘ってくれたのも先週と同じUさんでした。ありがとう!またよろしくです。

コースタイム
駐車場9:40-1.51の標識10:10-昼食の岩場11:00-(途中計測せず)ー駐車場15:00

« 初雪の唐松岳~♪ | トップページ | 陽だまり~♪ »

山登り」カテゴリの記事

コメント

wormさん滑らんぞースリムは凍った道を犬の散歩出歩くときにいいかもと思っちゃいました。値段も安いし。。。探すと結構色々あるもんなんですね。参考にさせていただきます。

結局、キャプテンスタッグの滑らんぞースリムにしました。785円です。薄い運動靴で山歩きというより散歩以下の移動に使いますです。失礼いたしました。

もっと手軽なものがないかなあと思っているのですが、ネットではスノースリップガードがあるのですけれども、これは尾瀬の木道でも効果があったけど、つけっぱなしでは、ちょっと踵が不安とかという報告でした。出来たらちょっと入手して遊んでみたいと思います。

爪のアイゼンって薄い氷の張ったり、雪で硬く埋まってない岩場なんて(歩き)にくいじゃないですか。表日本気象の里山なんかだと。それで、北でも物見とか冬のカリタ山のちょっとしたとこだと、チェーンとかが手軽で(歩き)やすいと思ってるんです、、。この商品はキャラバンでも同じのもありますし、ちなみに夏は長靴はいて土手の草刈にも使う予定ですけど、、。ええ、、長靴に藁縄巻いて歩くのと同じ感覚ですが、、。

wormさん、想像力が乏しくてチェーン付のアイゼン頭に形が浮かびません。ツメのアイゼンなら分かるんですけど。。。

長時間使用する場合は、2mmコードをチェーンの全ての穴に通し、穴と穴の間は、いくつかの切ったポリチューブを通すことで穴が寄ってしまうことを防ぐことが出来るでしょう。後は踵の穴に通し、コードロック、末端処理となります。ここまでいくと改造に近いのですが、、。

ゴムにチェーンのついたアイゼンを買ったのですが、なんだかよくわからないので、しばらく悩んでいました。結論は、2mm、1mぐらいのアクセサリーコード2本を山の店で、それに見合うコードロックを2個買ってきて。アイゼンのつま先のゴムをたくし上げて、指の上ぐらいまで、踵もたくし上げます。横から見ると反り返った船みたいな感じ。つま先にコードの真ん中をプルージックで固定。紐を足首の穴に2本入れて、コードロックを通し、止め結びで末端処理します。末端処理は7cmぐらいテールをのこし不必要なコードを切り取ります。コードロックを締めると舟形が固定されます。

OKスポーツへ行ってきました。私はマイノリティーなので、SMCのカムロック6個買いました。全部で2000円でした。ロボットが4000円で欲しかったけど、あきらめました。祈祷所のトタンが針金で止まっていないので直した帰りに寄って見ました。ブログは、、温泉とか里山とかの情報交換や、、それに氷雪壁の昔の写真とか、、面白そうですよね。お店も、、歩道・駐車スペースは十分に今度はあるから、折畳の小さなベンチと小さなテーブルを外に出して、ちょっとコーヒーブレイク出来そうです。ええ、コンロとドリッパーは持込で、、、。

wormさん、里山の情報は少ないのでそうなるといいですよね。この岩殿山は面白いのでまた行きたいと思っています。

長野駅前商店街ネットでOKスポーツが出来たけど、里山・山歩きのリンクが早く欲しい。そうして活動的な方々の紹介がされれば、面白いだろうなあと思ってる。うん、店には行ったんだけど閉まってた。

虫倉は丸山先生の完全な領分になるので、そちらにお聞きになればもっと良い情報が得られますが、基本的に不動滝以外は岩です。砂鉢は普通クレハのもみじの伝承のとこからですよね。あそこらが特に岩山ですが、後は縦走路でした。でも確か、、丸山先生によれば逆側からの方が楽で早く登れるんだそうです。もみじのとこからは確か屈曲点で迷いやすいとこがありましたが、岩殿の三角点の帰りよりは迷わないと思います。

wormさん、思いがけず里山らしからぬ岩のぼりを体験してきました。砂鉢山はまだ登ったことがないのですが、岩山ですか?虫倉山は不動滝コースじゃ駄目ですね。どのコースが岩登りになるんでしょうか?

岩殿、京ガ倉と、、、うーん。この際だから砂鉢山、虫倉山も登れば、ここいらの里山の岩山4冠になりますね。それにしても、紅葉がきれいでいいですね。

ハルちゃんは車が嫌い?ボクは大好き。でも、車に揺られると、もよおしてきちゃって目的地に着く前に1度はトイレタイムも取ってもらうよ。山はいろんな匂いがあって刺激的だよね。書き込みありがとう!また、コメント下さい。

はじめましてアンディさん、あたいはジャックラッセルテリアのハル犬です。一歳ともうすぐ10ヶ月。二ヶ月と半月でもう山に連れて行かれました。メタボなオヤジと日曜日に散歩に行きます。
でも車に乗るのが嫌なんです。毎回げろげろしちゃいます。
一夜山を見たらアンディさんのお姿拝見して、なんか同じ感じ。
丁度昨日斑尾山に行ってきました。何か物足りなかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初雪の唐松岳~♪ | トップページ | 陽だまり~♪ »