« 山・やま・山~♪ | トップページ | 雁田山~♪ »

2007年11月28日 (水)

2日目の山~♪

11月24日(土)快晴
この日も大人しく家に居られるはずのない有志で京ヶP1030549倉へ。

先月に引き続いて個人的には2度目。アルプスの展望の良さと岩稜歩きが里山とは思えないくらい面白い。上生坂の信号を左折すると前回にはなかった標識が要所々に設置されている。登山口にも案内板が増えていた。村で設置したもののようだ。葉が落ちて見通しのよくなった登山道を歩く。 おおこば見晴らし台の先は切り払われていてアルプスが目に飛び込んでくる。いつも見慣れている山より南になる。餓鬼岳から常念岳まで。特徴的な有明P1030533山も見える。

こんなアルプスを見ながら小刻みに急で、時折手作りの梯子を登ったりしながら稜線を目指す。P1030536

アルプスはどこから見ても何度見ても感激! 蓮華岳から鹿島槍ヶ岳あたり。P1030539

馬の背のような岩稜は右が切れ落ちている。その先にはトドの背岩。巻道を通る。P1030540

左手眼下にみえる犀川は霞がかかっている。P1030541

ザレた斜面を登りきると山頂。前回の時はそれほど展望がいいとは思えなかったが、邪魔な木が切り払われていてアルプスがよく見える。丸太のベンチは手作りのぬくもり。P1030543

山頂から北のピークは大城。大城の向こう側にうっすらと戸隠連峰。大城へは急斜面を下って登り返す。こちらも東側が切り払われてベンチがあった。P1030544

前回ウサギの耳のようだと思った岩は双子岩のプレートがつけられていた。P1020676

P1030548

山頂に戻って昼食。標高で言えば取るに足りない山だけれど、この日、10人程には出会った。面白いと感じる人はいるようだ。同じ道を戻って登山口に戻る。最後近道を通ったが、足場のない急斜面の登り下りに苦戦した。個性的な山に有志の皆の感想はどうだったのだろう?また、登ってみたくなる面白い山です。

コースタイム
登山口8:55-京ヶ倉10:15(10:30)-大城10:40(10:55)-京ヶ倉11:10(12:00)-登山口12:45

« 山・やま・山~♪ | トップページ | 雁田山~♪ »

山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山・やま・山~♪ | トップページ | 雁田山~♪ »