« 晩秋の苗名滝~♪ | トップページ | まだかなぁ? »

2007年11月15日 (木)

小熊山トレッキング~♪

11月8日(木)晴れ
木崎湖の西側の山、小熊山に行って来た。登山というより、トレッキング。P1030109

木崎湖のキャンプ場を通り過ぎて林道を走る。道幅の狭い舗装道路を標識を見ながら行くと右手に登山道入り口にコースの案内板と鉄板の階段がある。P1030110車は1台も停まっていない。

落ち葉の登山道は気持ちがいいけれど、急斜面では歩きにくい。右手には葉の落ちた梢の間から木崎湖が見える。P1030111

短いけれど急な登り。最近、「ラク」ばかりしているのできつく感じる。P1030112

尾根づたいに左に曲がり、安曇野展望台を過ぎれば山頂(1302,6m)、ここまで30分ほど。誰もいないと思ったら先客がいた。反対の北側から登って来たという男性。入れ替わるようにもときた方角へ下っていった。山頂は三等三角点があるだけで見通しは良くない。少し休んで笹原を下るとカラマツの林。P1030116

ほとんどの木が葉を落としてしまっている中、まだ頑張って目を楽しませてくれる健気な木もある。P1030117

左に曲がって下っていくと「展望広場」の古い標識がある。広場といっても林の中でしかも下り坂。展望とは樹木が切り開かれてに鹿島槍ヶ岳が見えるようにしてある。先月降った初雪はほとんど融けてしまったようだ。P1030118

爺ヶ岳も梢越になんとか見える。 こちらも雪はなさそう。ちゃんと三峰あP1030119る。

さらに雑木林を下っていくと車を走らせてきた林道にぶつかる。林道を少し先まで歩いてみる。木々が切れた所から爺ヶ岳・鹿島槍ヶ岳そして五龍も少し見える。P1030121

これだけ近いと春先、雪形がよく見えそうだ。コースはこの先黒沢高原に伸び、木崎湖に下って湖畔に沿って戻ってくるらしい。かなり時間がかかりそうなので引き返す。林道を歩いても戻れるが、同じ道を戻る。安曇野展望台から南西に少し進むと、切り開かれた場所がある。眼下に安曇野が広がる。そこで昼食。秋の陽にもう逆光になってしまったアルプスはちょっと幻想的。P1030124

P1030126

安曇野を見下ろしながらのんびりお昼。話題に上がるのは山のことばかり。幸せなひと時です。暖かくてのどかで。。。帰りたくなくなります。時間を忘れて、風が少し涼しく感じるようになって 下山。P1030114

楽しい山歩きでした。Uさん誘ってくれてありがとう。黄葉もきれいでした。

コースタイム
登山口スタート10:30登山口に戻ったのは14:30でした。

« 晩秋の苗名滝~♪ | トップページ | まだかなぁ? »

山登り」カテゴリの記事

コメント

カル2さん、念願かなってと言うことですね。アルプスが見える良いコースですよね。私も気に入りで年に2・3回行きます。ただし、最近はずるして車が多いですけど。

アンディ君、アンディおかあさんさん初めまして。

いつも読み逃げさせていただいています、ワン好きです。
我が家は留守がちなので、残念ながらワンコを飼えません。
仕方なく?向かいのお宅の黒ラブ君に遊んでもらっている状態です。

以前にこちらのレポを拝見して、訪れてみたいな!と長らく暖めていた小熊山へ先日行って来ました。
本当にとても展望の良い楽しいコースでした。
これからも長野の山々を是非ともご紹介下さい。
直ぐにはお邪魔できないかも知れませんが、追々と。
とってもヤンチャ?アンディ君との山遊びのレポもたくさんお願いします。
楽しみにしています。

今回のレポは、こちらです。
http://nohohonyama.horemitakotoka.com/2011.05.15.ogumayama.html

これからも時々お邪魔させてください。
かなり以前の記事にコメントを入れさせていただきました。
大変失礼いたしました。

テレマルカーさん近いです。大きく見えます。コースを1周するにはだいぶ時間がかかりそうですね。葉が茂っていると見通しが悪くなるので晩秋から芽吹きの頃までがいいみたいです。

私はこのコースを最後まで行って、木崎湖湖畔を歩いて戻ってこようと計画していましたが、結局昨年も今年も行けませんでした。なかなか計画している山にいけなくて残念です。
さすがに鹿島槍や爺がよく見えるコースなんですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 晩秋の苗名滝~♪ | トップページ | まだかなぁ? »