« 信越トレイルを歩く | トップページ | 四阿山と根子岳 »

2008年10月28日 (火)

晩秋の遠見尾根

10月21日(火)晴れ
ゴンドラの中から山麓の紅葉をcamera。落葉が始まっている。P1080057

天気は快晴。これから向かう西の方角には雲ひとつない。ゴンドラの駅で始発を待っているのは4人だけ。また絶景を独占できそう。この尾根は緩やかに登る八方尾根とは違ってアップダウンの激しい長い尾根。しかも木段が多い。八方尾根の後ろに白馬三山が見えている。青い空に稜線がくっきり。今年はまだ雪は積もっていない。Stitched_001_2 

去年は山は見えなかったけれど、真っ赤に燃えた紅葉は素晴らしかった。今年はすでに落葉してしまってダテカンバの白い枝は骸骨のようにも見える。

P1080112

青空に葉を落として実だけになったナナカマドが鮮やか。P1080066

林を抜け出ると唐松岳から五竜岳に続く稜線が手が届きそうに近い。Stitched_001_3

しかも武田菱の岩壁までがはっきり見える。感激!荒武者のような山容。

P1080064

最初のピークは小遠見山。小さな広場ほどの山頂にはもちろん誰もいない。この山頂から初めて槍ヶ岳を見た。今まで槍ヶ岳が見えるとは思っても見なかった。

P1080078

小遠見からのパノラマ。北峰だけの鹿島槍ヶ岳と少し霞んでいる爺ヶ岳。八峰キレットはあの一番窪んだあたりか?

Stitched_001_4

中天に白い月。

P1080085

中遠見にはケルンが立っている。五竜が近づいてきた。P1080093

草紅葉。谷に向かって赤く染まっている。

P1080095

大遠見は雪田の跡に水が溜まっている。見通しはちょっと窮屈。でも、五竜は一段と近い。月も五竜に近づいてきた。

P1080100

P1080101

本当は西遠見まで行きたいと思ったけど、欲張らずにここでUターン。八方尾根の方を見ると左手奥に唐松岳、中央の平らな場所に赤い屋根の唐松山荘が見える。

P1080107

何度も同じルートを歩いても景色は違う。これから下って行く中遠見のピーク。

P1080098

あんなに晴れていた空に雲がかかり始めた。小遠見を過ぎ大好きなダテカンバの大木。すっかり葉を落としてしまっている。去年はこの大木の向こうに真っ赤な世界が広がっていた。P1080086

地蔵の頭に着く頃にはすっかり雲が広がり、周囲の展望は全くきかなくなっている。宝物のような景色を見ることができてこの日に山歩きできたことに感謝。

Stitched_001

こんな景色を見たからには、来年は唐松岳から五竜岳を縦走しなくちゃ。

« 信越トレイルを歩く | トップページ | 四阿山と根子岳 »

山登り」カテゴリの記事

コメント

みるくまま、どっちも今年お気に入りの景色です。この山も今は真っ白になってしまいました。

今日は、みるく地方、rainで、寒くなってきましたsad
↑や↓の紅葉を見ると、寒々しくて~!(笑)
でもっ、本当にきれいですねhappy01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 信越トレイルを歩く | トップページ | 四阿山と根子岳 »