« 秋の京ヶ倉 | トップページ | 里山散歩 »

2008年11月14日 (金)

岩櫃山と榛名山

11月5日(水)快晴
群馬県東吾妻町に面白い山があると誘われて登ってきた。
こちらも紅葉の真っ盛り。目指す岩櫃山(802m)山頂は断崖の上。
P1080324

JR吾妻線の郷原駅からちょっと東を山際に入り、突き当りを左に折れ、案内板に従い山に沿うように進んでいくと密岩登山口。登山口はいくつもあるがここからが一番変化があって面白い。P1080293_2
いきなり階段の急登と鎖。がんばって登ると尾根に出る。鞍部を過ぎると岩場の鎖が始まる。その岩場の紅葉がきれい。P1080298_2
そして天狗の懸橋。細い岩の架橋。ちょうど、戸隠山の蟻の戸渡りを短くしたようなもの。渡り終えて振り返る。P1080300_2
その先の鎖場。登りきって振り返ると、後続の人(青い服の人)が天狗の懸橋を渡ろうとしている。スリイングー!
P1080301_2
岩が日本地図のように削れている。そこを通り抜ける。
P1080308_2
そして山頂へは鎖とハシゴをよじ登る。
P1080318
山頂からは360度の展望。しかも快晴。雪をかぶったのは谷川連峰らしい。
P1080311_2
こちらは横手山のよう。
P1080313_3
浅間山も見えた。9合目を見下ろす。
P1080314
P1080310_2
本物の妙義山ももちろん見えていた。この山はミニミニ妙義山。展望を楽しんで下りは周遊するルート。9合目へは山頂からいったん下り登り返し、そこから沢通りルートを半分ほど下った分岐から赤岩ルートを下り、最初の密岩登山口には少し登り返す形になる。
沢通りは大きな奇岩の間を通り抜ける。
P1080319
赤岩通り分岐の手前には櫃の口、天狗の蹴上げ岩がある。
P1080321
ぐるっと周遊して2時間半ほど。変化に富んで面白い山だった。
P1080322
下る途中でせっかく遠出してきたので榛名山(1390m)が近いから是非登って帰ろうという事で話がまとまり、車で30分ほどで榛名山へ。
ロープウェィがあるけれど、もちろん歩く。

P1080327
登山口はビジターセンターのすぐ横。
P1080328
途中でお昼を食べたので正確な時間は分からないが、40分位で登れたと思う。山頂からは高崎市内まで見えた。アルプスを見慣れた目には小さな三角形を並べたような山はなんだかおかしかった。
葉を落とした広葉樹が多い中、青空にもみじの赤が目に痛い。P1080333
P1080336
榛名湖から見た榛名山は小さいながら立派な富士山。榛名富士の呼び名に納得した。
P1080338
遠出して欲張って2座も登る事ができて楽しかった。誘ってくれた友に感謝です。

« 秋の京ヶ倉 | トップページ | 里山散歩 »

山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の京ヶ倉 | トップページ | 里山散歩 »