« まだまだ花見 | トップページ | 大町の春 »

2009年4月28日 (火)

小沢岳

4月19日(日)快晴。
群馬の山に遠征してきました。アカヤシオが見られるのではないかと。
(山頂は中央のちょっと尖った山)
P1090894

登山口の手前10分程の所に車を止めて林道歩き。珍しい花を発見。フタバアオイ。徳川家の紋章はこの葉がモチーフだそうな。花は小さく地面すれすれに咲くので上からでは見えにくいので気がつかないことのほうが多い。それにお世辞にも可愛いとは言えないし。。。
P1090882
登山口から山頂まで50分の表示。

P1090883
よく手入れされた針葉樹の中の道をのんびり登る。薄いピンクの可愛いスミレをよく見かける。エイザンスミレ。他にも写真は撮らなかったが、ヒトリシズカ、ハシロドコロ、ワサビなど見かけた。
P1090908_2 
期待どうりアカヤシオがきれい。
P1090886
P1090887
予定どうり50分ほどで山頂。3人ほどの男性が先客でした。お願いして記念写真のスイッチを押してもらいました。
P1090889
ひとつの山だけでは帰りません。 せっかくここまで来たのですからもう一つ頑張らなくちゃ。と言うことで、四ツ叉山へ。(右端のコブのような山が四つのうちの一つの峰)
P1090896
小さな部落(前日に誘ってもらい勉強不足の上にメモもとらず、名前を忘れてしまった。)のはずれの登山口の駐車場は満車。かなり人気のある山のようで団体で登っているとか。。。民家にお願いして車を停めさせていただいた。小さな沢伝いに登り始め、急な九十九折の道が続く。
P1090898
天狗様の石造を通り越し、なおも続く急斜面。若葉にアオヤシオのパステルカラー。
P1090899
山頂到着。
P1090902
アカヤシオ、最盛期は過ぎたかなとも思えるけれど、でもきれいです。
P1090904
アカヤシオの向こうは妙義山。
P1090905
最初の山頂が一番広く、ほかの三峰の山頂は狭く石造が祭ってある。
ムラサキヤシオも透き通るような優しい色合い。
P1090931
登っては下り、下っては登る。四つの峰。そこから四ツ叉山と言うらしい。そのアップダウンが結構きつい。900メートルの山なのにと思うくらい。特に帰りの峠(これも名前をわすれてしまった。)までの下りは鎖やロープがあって面白い。周回して登山口に戻る。2時半頃だったように思う。
群馬の山は戸隠山のミニ、ミニ版みたいな山が多い。そしてアカヤシオやムラサキヤシオが多い。
久しぶりの顔合わせとなった楽しい山旅でした。誘ってもらって感謝です。

« まだまだ花見 | トップページ | 大町の春 »

山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まだまだ花見 | トップページ | 大町の春 »