« 七色カエデ | トップページ | 清水寺のもみじ »

2010年11月17日 (水)

阿寺渓谷

11月6日、久しぶり、本当に久しぶりに阿寺渓谷へ。
2010_1106_094520p1190036

?十年ぶりだけど、透き通るような水の美しさは変わらない。俗化されるものの多い中で奇跡と言いたいような手つかずの自然の佇まい。渓谷の入り口から上流のキャンプ場まで阿寺川に沿ってたいして広くもない舗装道路が延びているだけ。人家、土産物店はもちろん自動販売機さえない。キャンプ場にも古びたトイレがあるだけ。

ここの水は雨が降っても濁らないという。透き通る水は川底の石の大きさ、形まで良く見える。もちろん泳いでる魚まで。
2010_1106_093228p1190026
左岸の遊歩道へ行く掛け替えられたつり橋を渡ると六段の滝の近くまで行くことが出来る。(その先はもう一つのつり橋の工事が終わっていないため通行止め)
2010_1106_103849p11900691

もみじ(色づきがイマイチ)と清流。
2010_1106_104531p1190075
白い岩肌と澄んだ水にずーーと感動しっ放し。
2010_1106_111136p1190088
対岸の右岸からしか見れない吉報の滝。(茂る枝葉がちょっと邪魔ではあるけど)
2010_1106_113154p11901032

2010_1106_130515p1190125
一番奥、砂小屋キャンプ場にある美顔水。冷たくて、これで洗顔するときれいになるならタンクに詰めて持って帰りたい!
ここから先は林道のゲートの脇を通って天然記念物のハナノキの大木まで1キロ半ちょっと。早春に薄いピンクの小さな花を付ける。居谷里湿原にもあって春先見たいと2度ほど行ってみたけど花を見ることはできなかった。来春、また挑戦。
2010_1106_130840p1190127_2
帰りも同じ道を歩く。水の美しさはずーと見ていても飽きない。
2010_1106_130918p1190128

2010_1106_141553p1190160
木曽と言えばヒノキ。この林は明治に植林されたと説明書きにあったけど、百年たってもこんな程度。せこせこ急ぐ毎日を笑われているような気がした。
2010_1106_141613p1190161
帰り道、須原宿の水船を見た。情緒があっていいなぁ、夏、キュウリやトマトを冷やして食べたらきっと美味しいだろうな。
2010_1106_151617p1190171
そして寝覚めの床にも。阿寺川の清流を見た後では濁って見えた。
2010_1106_155435p1190176 

« 七色カエデ | トップページ | 清水寺のもみじ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 七色カエデ | トップページ | 清水寺のもみじ »