« 小さい秋 | トップページ | 船越ノ頭まで »

2011年9月28日 (水)

岩菅山

9月24日(土)、人の多い時はあまり出かけたくないけれど、今年は中々天気に恵まれないのでチャンスとばかり岩菅山へ。
初めての聖平コース。2011_0924_080102p1270943


登ってすぐに用水路に突き当たる。左折して用水路沿いにアライタ沢まで平坦な道を歩く。山もずーとこんな道なら楽でいいのに・・・そんな訳ないけど。2011_0924_143826p1280060
2011_0924_143839p1280061
2011_0924_141954p1280045

2011_0924_141402p12800362
2011_0924_141117p12800271
アライタ沢から山頂までの中間地点まではほとんどが階段。そこを過ぎると登山道は削れていて水路のよう。左手の樹間から岩菅山が大きく見えようになるとノッキリに着く。2011_0924_134550p1280019
2011_0924_133536p1280016
2011_0924_131240p1280007ノッキリからは展望の急な岩ゴロ歩き。振り返ると遠くに浅間山が見える。裾野にコブのようにくっついているのが小浅間山か。青空だけど雲も多い。山頂に到着。先を人が歩いていたはずなのに誰もいない。みんな裏岩菅山まで足を延ばしているようだ。2011_0924_095837p1270945
2011_0924_100730p1270949
2011_0924_102817p1270954写真だけ撮って裏岩菅山へ。ここからは気持ちの良い稜線歩き。左右、前後の景色を見ながらの稜線歩きは山歩きの一番の楽しさ。山が途切れるまで歩きたいと思う。稜線の中間程の位置から前方裏岩菅山への道。後方、今歩いてきた岩菅山からの道。2011_0924_103942p1270962
2011_0924_121501p1270986裏岩菅山の山頂は狭い。到着すると、先客が6・7人。そのうちグループが下山して一人残っただけの静かなお昼になった。ここから先は烏帽子岳を経由して切明まで続く。
雲が動いてアルプスが雲海の上に顔を出した。まず、槍ヶ岳と穂高が見えた。鹿島槍ヶ岳もわずかに見える。2011_0924_111426p1270967
2011_0924_115455p1270979
2011_0924_114214p1270976

2011_0924_114226p1270977そのうち二人組が到着。ビール片手のお昼。飲める人にとっては最高に美味しいんだろうな。。。飲めない人間には良く分からないけど。山談議に花が咲いて、今年の天気はおかしいと言うのが統一見解。先週、槍ヶ岳に登るはずが台風で中止にしたと話してくれた。
岩菅山に戻ると、こちらはいつの間にか賑やかになっていた。皆さんランチタイム。槍ヶ岳が良く見える。2011_0924_124334p12709952
2011_0924_124527p1270998
2011_0924_124321p1270994人の多いのは苦手なので写真だけ撮って下山。同じ道を登山口まで戻る。
もうちょっと紅葉が進んでいるかと思ったけれど、酷暑のせいかやっと草紅葉が始まった程度。山頂でお昼を食べている時もちょっと涼しいかなと感じるくらいだった。短い秋がきっともっと短いかもしれない。2011_0924_092840p1270944
2011_0924_105539p1270964
2011_0924_123111p12709921
2011_0924_123852p12709932
2011_0924_132820p1280012



















« 小さい秋 | トップページ | 船越ノ頭まで »

山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小さい秋 | トップページ | 船越ノ頭まで »