« 今頃? | トップページ | 紅葉狩り »

2011年10月13日 (木)

稜線歩きー秋

連休初日、稜線歩きをしようと扇沢へ。柏原新道を登ります。2011_1008_095843p1280735


扇沢へ着いた時は早くもparkingは満杯。どうにか有料へ止めることが出来て、登山口へ向かう。いつも平日に来ているので列を作って登るのは初めて。
後ろにはスバリ岳、針ノ木岳、蓮華岳を見ながら。先日の雪が残っている。2011_1008_090355p1280723_2ガレ場も登山者が途切れない。(下山時、前方の登山者と登山者の間の落石を目撃してちょっと緊張)2011_1008_093606p1280732本日はこちら方面に向かう。2011_1008_100021p1280737種池山荘の前の広場は人がいっぱい。立山がバッチリ。あそこに登ったのは数日前。2011_1008_100947p1280741爺ヶ岳や鹿島槍ヶ岳を目指すには右折。ほとんどの人がそのコース。左折する人はわずか、そのわずかのコースを行ける所まで稜線歩き。テント泊組の大きな荷物を背負っている人も数人いた。途中の新越山荘はすでに閉まっているとのこと。小さな種池を過ぎるとテント場。さらに進むと棒小屋乗越。池塘のあるお花畑。今は草紅葉。2011_1008_112434p1280779花畑の続く登山道を歩く。来年は花の頃歩きたい。振り返ると山荘と爺ヶ岳が。いつもとは反対の方角から見ている。登山道が山荘から左右に延びているのが分かる。2011_1008_104339p1280749行く手に立山や剣岳が大きく見えてくる。2011_1008_110522p1280767ピークをいくつか超えて、もう少しで岩小屋沢岳と言う所の小さなピークでタイムオーバーとなり引き返す。(奥のピーク)2011_1008_113823p1280784回れ右、鹿島槍ヶ岳がとっても大きい。2011_1008_114317p1280788戻る途中、ハイマツの中からライチョウが現れた。最短距離で1・2mほど。足から冬支度が始まっていてお腹まで白くなっていた。2011_1008_114644p1280792小さなピークでお昼を取って戻る。
朝凍っていた棒小屋乗越の小さな池の氷が解けていた。稜線歩きも寒くはなくとても歩きやすい。先日の立山の時は寒くて冬装備だったのに。2011_1008_124114p1280799山荘に戻る。まだまだ人がいっぱい。今シーズンの宿泊の受け入れも終盤。すでに小屋終いしてしまった所もある。山荘前のチングルマの草紅葉がきれい。ナナカマド越しの鹿島槍ヶ岳の山頂も。2011_1008_125846p1280800
2011_1008_130143p1280805高い場所は紅葉を楽しむ前に雪が降ってしまい、葉がほとんど落ちてしまった。例年に比べると物足りなさを感じるのはそのせいかもしれない。2011_1008_133458p1280814ひたすら下って、見上げた空に山荘が豆粒ほど小さくなっていた。2011_1008_141559p1280824下りはいつでも長~い。でも、楽しい稜線歩きでした。





« 今頃? | トップページ | 紅葉狩り »

山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今頃? | トップページ | 紅葉狩り »