« 春を収穫 | トップページ | 春の使者 »

2012年3月28日 (水)

飯綱山

3月27日(火)、天気予報はsun。朝から快晴。今年初の飯綱登山。2012_0327_121944p1330309朝夕眺めている感じからするとまだまだ雪は深い予想は当たるか?


登山口までの道路に雪はないけれど、別荘地内に入るとまだ雪はたっぷりある。parkingには4台ほど車が停まっていた。アイゼンをつけてスタート。トレースの跡をなぞって登る。先日の新雪を被った梢が青空にきれい。2012_0327_104114dscf0748駒つなぎから冬期限定のロープ場がしばらく続く。林を抜けて振り帰るとアルプスが一直線に見えてくる。だいぶ霞んできている。気温が上がってしまうとアルプスは霞んでくる。それに私の場合スタートする時間が遅い。すでに下山してきた人、3人にすれ違っているもの。2012_0327_111637dscf0751西登山道との合流の標識の杭が僅かに見えた。さえぎる物のないパノラマビューが続く。南峰の小屋は雪の下。トイレブースも雪の下。北峰に続く道は目の前に頚城の山々を見ながらの稜線漫歩。山頂には瑪瑙山からのスノーシュー組が2人、景色をおかずに食事中。2012_0327_115320dscf0760戸隠連山に続く鋭鋒、高妻山が大きい。2012_0327_123840dscf0771北アルプスは大分霞んできてしまったけれど、南は大滝山まで見える。槍ヶ岳は小槍まで。ズーム。2012_0327_121647p1330305東側は霞んではいるけど根子岳・四阿山・浅間山。残念ながら富士山は見えない。2012_0327_121659p1330306360度のパノラマはいつみても素晴しい。2012_0327_121025dscf0767先客の2人と山の話が弾んで、高妻山をバックにcameraを撮ってもらった。この景色に思わず「バンザイ」。2012_0327_115640dscf0763お昼を食べて2人組と前後するように下山。風もなく穏やかな天気で下山するのがもったいない位だった。
北峰から南峰へトレースの跡。2012_0327_121243p1330302南峰の雪庇はきっちり迂回。2012_0327_123432dscf0770下りはほぼどこでも歩いてokなので、速いし楽ちん。これから登ると言う人、2人とすれ違った。

今度は花の頃かな。何度登っても期待を裏切らない良い山が身近にあって幸せです。

« 春を収穫 | トップページ | 春の使者 »

山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春を収穫 | トップページ | 春の使者 »