« 紅葉のドライブ | トップページ | アルプスの初雪 »

2012年10月28日 (日)

黒姫山

10月21日黒姫山へ。
登山口は大橋林道から。2012_1021_144134dscf2978parkingは満車。どうにか停めて出発。快晴で期待が高まるupupnotes


林道を歩いて行くと前方に黒姫山が見えてくる。2012_1021_074314dscf2913林道歩きが終わって登山道に入り、しばらく急登で新道分岐。2012_1021_083100dscf2923登りは真っすぐ新道を行く。帰りは気が向いたら大池に廻ろう。
朝の木漏れ日を浴びて色づいた葉が輝いている。急登が続く。2012_1021_085023dscf2938大木のしなの木を過ぎまだまだ続く急登。2012_1021_090143dscf2941紅く染まったもみじがきれい。2012_1021_090425dscf29421振り返ると木々の間から高妻山、乙妻山が見える。2012_1021_091451dscf29461傾斜が弛んで視界が開けるとしらたま平。2012_1021_094023dscf2949高妻、乙妻山がぐぐぐっと大きく近くなる。cloudが続いている辺りが北アルプス。残念ながら山頂は見えない。2012_1021_093935p13800072西側を見れば先月登った火打山と焼山と雨飾山も見える。ここからはしばらく気持ちの良い笹原の稜線歩き。笹の緑と赤い山肌のコントラストがきれい。2012_1021_095215dscf29523_2帰りのコースの古池は眼下に霞んでいる。2012_1021_095658p1380023山頂が見えて2012_1021_100243p1380031最後急登を登りきると、山頂に到着。2012_1021_101708p1380034山頂からは霞んではいるけど野尻湖2012_1021_101834p1380039そして間近に妙高山2012_1021_101728p1380035火打山、焼山が燃えている。2012_1021_101740p1380036さらに先には乙見湖が。2012_1021_101801p1380038山頂を後に山頂手前の分岐まで戻って峰の大池に廻ってみる。分岐から大池までは北八ヶ岳を思わせる鬱蒼とした林の中を下る。オサバグサの群生しているのには驚いた。大きな岩は苔むし、滑って歩きにくい。
大池は名前ほど大きくはないけれど、小黒姫山を湖面に映し、2012_1021_111049dscf2955場所を少し移動すると、下って来た黒姫山をも水面に映している。誰もいなくてこの風景の中に自分がいることが不思議な気がした。2012_1021_111457dscf2958しばらく平らな登山道を過ぎて再び急斜面を下る。ずーと北八ヶ岳の雰囲気。巨大な岩の重なり合う天狗岩を這うように下ると、2012_1021_115926dscf2962緩やかになり黄金色に蔽われた林の中を新道分岐まで下る。2012_1021_120150p1380063
2012_1021_120612dscf29632高く真っすぐに伸びた白樺の梢が風に揺れザワザワと音を立てる。2012_1021_121531p1380076落ち葉のクッションが心地良い登山道。2012_1021_123820p1380087新道分岐に戻って遅めのお昼riceballcafe。それから古池に下る。
もみじmaple色々。2012_1021_131922p138009212012_1021_132305p138009552012_1021_132936p138009822012_1021_134114p13801044水の音が聞こえてくると小さな渓流、姫清水。2012_1021_134610p1380110更に下ると古池の湖畔に出る。2012_1021_140724dscf29704午後の陽ざしを浴びて輝く湖畔の紅葉と黒姫山2012_1021_141926dscf2975湖畔を半周してしばらく下って行くと登山口。2012_1021_143509dscf2977車道を5分程歩いて朝登り始めた登山口へ戻る。

下りは初めて歩いたロングコースだったけれど、良い景色でしたeye~。秋色mapleにとっぷり浸かった山旅でしたshoe

« 紅葉のドライブ | トップページ | アルプスの初雪 »

ペットと山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 紅葉のドライブ | トップページ | アルプスの初雪 »