« アルプスの初雪 | トップページ | 里山歩き »

2012年10月31日 (水)

初雪の遠見尾根

26日、雪のアルプスを間近に見たくて遠見尾根を歩いてきた。
ゴンドラ、テレキャビンから見る里山は紅葉真っ盛り。2012_1026_081824dscf3009どこまで行けるか?小遠見山までは行きたい。。。


町はすっぽりと霧に蔽われている。2012_1026_081855dscf3010突き抜けた霧の上は碧い空。2012_1026_082029dscf3012ゴンドラを降りて植物園を通って登山道へ。
八方尾根はcloudがかかっている。山肌は深い赤。2012_1026_084344p1380307五竜岳はなんとか見える。迫力のある武田菱の岩壁。2012_1026_084839p1380316見返り坂から地蔵の頭。2012_1026_090413p1380323登るにつれ日陰に雪が融けずに残っている。
小遠見山が見えてくる。2012_1026_093820p1380340鹿島槍ヶ岳北峰も見えてくる。2012_1026_094115p1380346雪の上の落ち葉、冷たそう。2012_1026_095343p1380360山頂に着く間にcloudが広がって八方方面は見えなくなってしまう。2012_1026_095518p1380361鹿島槍ヶ岳北峰の岩壁。切れ落ちている。こんな荒々しい一面がある。2012_1026_100102p1380368雪は所々に残っているけれど、先に進んでみる。
すっかり色あせたリンドウ、2012_1026_102220p1380382雪の中に赤い実だけが残ったマイズルソウもとっても寒そう。2012_1026_102256p1380383初めて見たショウジョウバカマの紅葉。2012_1026_103301p1380390中遠見、展望はまた悪くなる。2012_1026_103952p1380397雪が多くなる。山ボーイが一人雪が多いので引き返すと下って行った。日陰にはツララも。2012_1026_104307p1380401大遠見の手前の吹きだまりには30センチはあったかもしれない。
登山道も雪で埋まっている。2012_1026_111946p1380412大遠見。五竜岳
は見えず。2012_1026_112214p1380416池には氷が。。。2012_1026_112119p1380414大遠見の手前の池にも氷がはっていて、帰りにストックで叩いてみたけれど簡単にはじき返されたからかなりの厚さだろうと思う。

これより先はさらに雪が多そうなのでここで引き返すことに。
完璧な冬装備の男性が下って来たので話を聞くと、時間切れとあまりの雪の多さに山頂手前で断念したとさばさばと答えてくれた。
山は安全第一、改めて肝に銘じなくては。

五竜岳も見えていた鹿島槍ヶ岳も完全に見えなくなってしまった。下山開始。
すっかり葉を落としたダケカンバの木々。着物の裾模様にも木の骸骨のようにも見える。2012_1026_121620p1380438雲間から射す光で深い谷の紅葉が浮き上がる。2012_1026_124628p1380452山麓は燃えるよう。2012_1026_125706p1380454地蔵の池に廻ってみた。空を映して静寂の中。2012_1026_131932p1380456
最後まで八方と白馬三山は見えなかった。
本当に今シーズン最後のアルプスになった。来年までさようなら。
静かな静かな山歩きでした。

















« アルプスの初雪 | トップページ | 里山歩き »

山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アルプスの初雪 | トップページ | 里山歩き »