« 夢見平 | トップページ | 鷲ヶ峰 »

2013年6月 1日 (土)

聖山

rain上がりの快晴sun。アルプスがきれいに見える聖山へ。2013_0531_113000p1440799予定ではもうちょっと早く山頂に着くはずが花に気を取られてピッチが上がらず。。。は予定通りかもcoldsweats01


コースはいつもの三和峠から。去年はもっと早かったなどと思いながら、直登の登山道を行く。緑が滴り落ちそう。2013_0531_094343dscf3790たぶん気温がぐんぐん上昇中のはずなのに緑の天蓋が木陰を作ってくれるおかげで涼しい。sweat01もかかず快適scissors2013_0531_093752dscf3789急坂を登って鉄塔が見えてくるとそこだけ視界が開けてお目当てのアルプス。空も山もクレヨンartのそら色。2013_0531_094917p1440744白馬岳の代掻き馬はちょっとメタボ気味。rainも降って雪融けがだいぶ進んだようです。2013_0531_094805p1440741一部藪こぎをしながらもずーと涼しい木立の中を歩く。途中のあずまやをすぎると、山頂まではひと登り。
低山でもこんなブナの古木があったりする。2013_0531_104910dscf3794真っすぐな登山道の先に空が広がる山頂。2013_0531_105303dscf3795この山は山頂直下までcarで来れるので、先客が二人いた。360度の展望だけれど、やっぱり目の前に迫るアルプスがきれい。
北から小蓮華山、白馬三山2013_0531_105845p1440787唐松岳から爺ヶ岳2013_0531_105407p1440778裏銀座へ続く稜線と唐沢岳。餓鬼岳2013_0531_105430p1440779南は大天井岳、槍ヶ岳も見えるようだけれど、霞んで分からない。乗鞍岳や墨絵のように八ケ岳も見えていた。
山頂でウグイス発見。さえずり始めた所を撮ったけれど、枝が邪魔で顔が見えないdown。本当に良い声heart022013_0531_110102p1440791枝の先端にはモズらしい鳥も。2013_0531_105615p1440783ちょっと下った木陰で早いお昼bread。見上げるとズミの蕾がかわいい。2013_0531_113054p1440800山頂に戻ってみると誰もいなくなっていた。独り占めです。鉄塔が目障りではあるけれど眺めの良い山です。冬にはスノーシューも出来るし。。。同じ道を下ります。cameraの電池が切れ、予備を持って来なかったので下るのみ。毎度毎度何かしら手抜かりがあるbearing

道草して撮った花たち。
タガソデソウ、舌を噛みそうな名前だけど漢字では誰袖草。なんだかゆかしい名前。小さくて花びらが透けそうに薄い。2013_0531_100300p1440747ウマノアシガタ2013_0531_100735p1440748花びらが落ちるとこんな風。2013_0531_100748p1440749ラショウモンカズラ2013_0531_101014p1440751至る所に群生していたウスバサイシン。コシノカンアオイより花も葉も薄い。2013_0531_101826dscf3792
2013_0531_101221p1440752やっと咲き始めたマイズルソウ。落ちる寸前の線香花火みたい。2013_0531_102254p1440756エンレイソウ。ここのはエンジでもなく白でもない。2013_0531_102947p1440760クルマバツクバネソウ2013_0531_103509p1440762花のアップ、海の生物みたい。2013_0531_103532p1440763ヤグルマソウ、花芽はまだ固い。今は茶色なのに葉は緑になり、花は白くなる、不思議。2013_0531_103712p1440765目を引いた鮮やかなミツバツツジ。崖側を向いていて背中から失礼。2013_0531_103751p1440766ユキザサの花もよ~く見ると海の生物に見えてくる。2013_0531_104123p1440769
低山だけれど、花も鳥も景色も楽しんで来ました。
























































« 夢見平 | トップページ | 鷲ヶ峰 »

山登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夢見平 | トップページ | 鷲ヶ峰 »