« 霧降高原滝めぐり | トップページ | 仙台名所巡り »

2013年7月14日 (日)

塩原渓谷トレッキング

とんぼ返りして2日目、塩原渓谷へ。2013_0703_113808p1450936新幹線が遅れて1時間程時間ロスbearing


バスbusを乗り継いで七ッ岩吊橋で下車。
七ッ岩吊橋を渡ってビジターセンターへ。2013_0703_113934p1450937ビジターセンターの前の遊歩道入口の標識。2013_0703_122449p1450950すぐにコース分岐の標識。2013_0703_114350p1450938まずは右折して前山コースから。
広葉樹の中の遊歩道を抜けると鹿股川にかかる仙人岩吊橋。2013_0703_120120p1450939エメラルドグリーンがかった渓流の中にあるのが仙人岩らしい。仙人が湧きでる温泉を見つけてねぐらにしたと言われる岩。2013_0703_120235p1450941川沿いに歩いて車道に出る手前に記念碑。緑に蔽われて車道からは見えにくいほど。車道に出て右手へ。まずおかね橋を渡る。橋の上からの鹿股川の流れ、茂る緑と渓流の緑がきれい!2013_0703_121854p1450949四季の橋、鹿股橋と渡って再びビジターセンターの前を通って分岐へ。本当はもう少し先の小太郎ヶ淵まで行く予定だったのだけれど、雨が心配なので欲張らないことにして、今度は左折してやしおコースを歩く。林を抜けて車道に出る。天皇の間記念公園を左に見て車道に沿って福渡橋を渡ってすぐ階段を降りる。遊歩道は箒川に沿って整備されている。しばらく歩くと対岸に野天風呂が見えて来た。岩の湯。誰も入っていないみたい。2013_0703_124522p1450952不動橋を渡って右手に行くと岩の湯。コースは左手へ続く。2013_0703_124620p1450953前を男性が一人歩いて行く。
しばらく歩くと足湯かな?と覗いてみたらカラ。2013_0703_125111p1450954前を歩いていた男性がいなくなったと思ったら少し先の野天風呂に人影が。。。あぁ、これが目的だったのか、随分急ぎ足だったけどと納得。男性は気軽に入れて羨ましい。遠くから写らないようにパチリ。2013_0703_125308p1450956すぐ先の支流の小さな滝。ほの暗い中、中々趣があります。2013_0703_130326p1450974たまには階段もあったりするけれど、ゆるやかなコースを歩く。2013_0703_130451p1450976あずま小屋をすぎたあたりからrainが降り出して来た。雨具を付けて先へ進む。キャンプ場あたりから本格的な降りに。。。見どころの布滝観瀑台へ。傘をさしながらのcameraは難しい。支流を集めた布滝は水量が増し、一気に狭い岩場を流れ落ちるので真っ白。まさに白い布を流したよう。2013_0703_133729p1450983最後の見どころ箒川ダムへ。新緑も紅葉も楽しめる箒川の渓谷美。2013_0703_135849dscf3928箒川ダム。深い緑と深い水。2013_0703_135921dscf3929ダムに設置されている狭い橋を渡って対岸へ。少し登ると車道へ出る。そこから塩原大網のバスbus停までは5分強ほど。
rainの中歩いている姿を車carの中から気に掛けて見ていて下さった方がいて、バス停で声をかけて下さった。すぐにバスbusが来たのでお世話にはならなかったけれど、とてもうれしかった。この場を借りて重ねて「声をかけて下さってありがとうございました。」

予定より1時間遅れたけれど、rainのおかげ(?)で1時間早く家に戻れた。rainが降らなければもっとゆっくり歩きたかった。一昨年回顧コースを歩いた時もrainだった。梅雨時に歩くのだから雨は想定内だけれど、どうも雨rainに好かれているみたい。後半のやしおコースは春のアカヤシオの頃もう一度歩いてみたい。






























« 霧降高原滝めぐり | トップページ | 仙台名所巡り »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 霧降高原滝めぐり | トップページ | 仙台名所巡り »